ロジクール ワイヤレストラックボール M570の分解清掃

2013年11月13日

Logicool Wireless Trackball M570の調子が悪いとのこと。
マウスも内部に埃が溜まりすぎて調子が悪くなることがあります。
パソコン本体と違って埃が侵入しやすい構造にはなっていないのですが、長年使っているマウスは結構・・・汗
なので掃除でもしたら直るのではないかと単純に考えたので、ちょっと開けてみましょう~☆
とは言っても、実は簡単には開きません。

その理由はネジにあります。

このM570に使われているネジがトルクスネジ(六角星型のねじ頭)というちょっと特殊なネジなのですね~
※ちなみにトルクスというのは、登録商標らしく一般名称はヘクスローブとのこと(Wikiより)
このドライバーがないとまず開けることはできません。
が、実はハードディスクを分解したくなった時に購入していたので持っていたのでした。
もうこの日のために買っていたようなものです。

さて、ひとまず裏をひっくり返しても見えてるネジは一箇所のみ。
この一個だけ外したら・・・・ってそんな訳ないだろ・・
というわけで、実はこれだけあるのでした~

必要なのはトルクスドライバーT6(ヘクスローブドライバーT6)と勇気のみ。
ロジクール ワイヤレスマウス M570分解前裏面
ゴム足のところは簡単に想像できたけど電池のところは・・・^^;
シールで隠すのは結構ありがちですけど、探すのが面倒なのでやめてほしいですね~

その前に開けるなよってことかもしれませんが・・・・
ちなみにトラックボールの玉は裏から押せば簡単に取れます。
普通はここの掃除だけしておけばいい感じになるはずです。

さて、これさえ外したらあとは簡単、あっという間にこの状態
ロジクール ワイヤレスマウス M570分解図
黄色の部分で上下が繋がっていますが、無理やり引っこ抜いてもたぶん大丈夫です。
取り付けるときに少々手間がかかりますが、挿すだけなのでそれほど難しくはありません。
あとはお好きにど~ぞ~



PAGE TOP