WindowsXPおよびWindows2000時のSATAドライブでのインストール 

タイトルが長っ!! (^_^;)
ですがそのまんまです。

WindowsXPでのSATAドライブを使った時のインストールです。
この手順はWindows2000でも同じです。。古いですが・・・
そもそもWindows2000は時期的にも仕方ないとしてもXPは対応して欲しかった。。。

さて、そんなことを言っても何もならないので、
まずはWindowsXP/2000のインストールCDを挿入し、CD起動にてコンピュータを
起動させてください。
画面の下方に
「Press F6 if you need to install a third party SCSI or RAID driver…」と
表示されたら、「F6」キーを押してください。
「F6キー」は数回押しておいた方が良いかも知れません。。
(反応したかどうか判らない・・・汗)
しばらくしたら以下の画面が出てきます。

SATAドライブ時のインストール(f6キーを押す場面の写真を忘れました。。)
SATAドライブ時のインストール(f6キーを押す場面の写真を忘れました。。)

ので「S」を押して、SATA用のドライバーを入れましょう。

ディスクを入れろを言われるので入れましょう☆
ディスクを入れろを言われるので入れましょう☆

このディスクはあらかじめ作っておかないといけないので別のPCにて作成する必要があると
いうことです。面倒ですね。。。

ドライバーを選択します。。通常はX86ですね。。
ドライバーを選択します。。通常はX86ですね。。

さて、今回作ったPCだとこんなことができるみたいです。

BIOSからの設定でカードリーダーをフロッピー化
BIOSからの設定でカードリーダーをフロッピー化(USBの設定内にあり)

最近のPCにはフロッピードライブなんて付けないので便利ですよね☆
このために買うのももったいないし。。。

今回は、ここで買いました↓↓
短納期が魅力の即納パソコン
ここも、お世話になってます↓↓
自作パソコンならTWOTOP
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村



PAGE TOP