SSDへの換装で爆速パソコンへリニューアル

2017年2月15日

某友人からの依頼でした。
以前、パソコンであれもしたい、これもしたいと。。
でもお金はそんなに使いたくないと言う。。。(^_^;)

そんな訳で自作パソコンをちょいと組んだのだった。
これが数年前の話。
自作パソコン
画像処理はするけど、ゲームはしないとのことだったので某巨大メーカーI社と某A社で比較検討した結果、A社にしました。
オンボードグラフィックで十分だと判断したけど、ある程度の性能は必要だろうと言うことで
当時の某INTELさんのグラフィックはホント(ある意味)やばかったので、費用対効果を考えてAMDに軍配があがったのでした。

 

あ、某の意味ないですね。。
でもこの二つぐらいしか比較材料無いのでいいでしょう。(^_^;)

ちなみにCPUはAthlon X2 5050e。
デュアルコア(2コア)の2.6GHzでTDPが45Wとなる低消費電力版のCPUです。
メモリーは6GB、OSはXPなので、3GBしか認識しませんが、残りのメモリー領域は
RAMDISKを作成してキャッシュとして利用するように設定していました。
そういえばこんな記事書いてましたね。
HDD vs SSD vs RAMDISK

ハードディスクも見ての通り、2個入れてあるので片方にはOSが、もう片方にはデータを
入れるように設定してあります。
電源は400W。
ちょっと少なめですが、この構成だと充分なのですが、電源は安物ではなく最低でもそこそこのを買いましょう。
後でボディブローのように効いてきます(*^_^*)
本気の原因不明のエラーは案外電源だったりします☆

この状態で何年か使っていたのですが、どうも最近動きが遅い。
しかもXPのサポートが来年には終わるということで再度相談がありました。

実は、このパソコンのスペックをあまり覚えてなかったのですが、購入時期から考えて
メモリーの増設とSSDの追加で乗り切れると踏んでいました。
フタを開けてみたらSSDの追加だけでいけたという。(^_^;)

あ、もちろん折角のハード更新なので、OSもWindowsXPからWindows7へ更新です。
メモリーが6GBあるので、今回は64ビットを選択しました。

Windows7でも32ビット版だとXPと同じで3GBちょっとまでしか使えません。
実はXPの64ビット版もあるのですが・・・・対応状況がね。。

ま、これで2020年まで闘えます。
故障さえなければ、普段使いには困らないでしょう。(*^_^*)

そしてSSD、これはいい
劇速、爆速、超速。表現は何でもいいや
ハードディスクからSSDに乗り換えたときの差はすごいですよ。
もう後戻りはできなくなりますよ

今回選んだのはこれ。Plextor(プレクスター)製、PX-128M5S
個人的には一個上のランクのPX-128M5Pが欲しい

SSDはコントローラー命。
Plextor(プレクスター)で無くてもいいですけど、SSDはだいぶ浸透してきたとはいえ、それでもまだ日が浅い部類にはなりますので有名どころを選びましょう。



PAGE TOP