自作パソコン(部品交換)B85-PRO

2017年2月12日

久々の自作パソコン・・・の依頼

は、調子が悪くなったのでリニューアルしたいというもの。。

かれこれ4年ぐらい経ってますので、速度の方も気になるようでした。

以前はできるだけ安い仕様で、電気代も安くなるように省電力型のCPUを選びました。
なのでできる限り現状の部品を流用します。
自作パソコンなら簡単なことですね~

 

選んだのは結局

今回も似たような仕様で最近の物を選ぶことに・・・
同じ値段出しても性能はかなり進化します。

しかし、世代が進んでますので以前の部品が使えません。
といっても、購入対象はCPU、メモリー、マザーボードの3点。
他は使い回せます。(というか使い回します。)
世代の進みが(他に比べて)比較的遅いメモリーすらDDR2→DDR3へと移行していたのはちょっと誤算・・というか、これはしかたない。

でもこれだけで済むのは自作パソコンの強みですね~
(メーカーPCでもやれないことはないですがちょっと・・・)

まずはマザーボードから・・
IMGP2061
今回はB85-PRO GAMERにしました。
前回はATXのケースにmicro-ATXのマザーボードだったのですが、今回はATX。

使う本人は、ゲーマーではないのですが、ゲーマーモデルって細部にこだわりがあるモデルが多いのでちょっとオススメ☆
ゲーマーモデルと言うことで色々と特徴があるようです。
ざっとみただけでも
・「SupremeFX」オーディオ機能を搭載
→ 一応、高音質を謳っています。オンボードの割には良いようです。
本当にこだわる人はサウンドカードを追加するので特にどっちでもいいかなぁ~ってか「SupremeFX」って正体は何だろう?

・ Intel製LANコントローラー
→ これ、いいですね~。Intel製は高性能と定評です。高級マザーボードに付いている印象があります。

・ 高耐久高性能コンデンサ
→ これ、いいですね~。Goodです。

・ 電源回路系も強化
→ これ、いいですね~。これもGoodです。
こんな感じ。
普通に使っていても表には出てこない部分も強化されてたりするのは個人的に好きな部類。
IMGP2065
外部端子類もこれだけあれば文句ありません。

でも何よりいいのは、見た目にも拘っていて光るんです。
IMGP8995
こんな小ネタまでついてくるんです(*^_^*)
でもフタ閉めて渡すので、これを使うYさんは気づかないでしょうね~

ゲームってパソコンの性能を結構要求してきます。
動画のエンコードまでとは言わないけど、フル稼働することが多いので比較的高耐久を要求されます。
私のでは無いしどうせ、長く使うだろうから物理トラブル回避の為にもこれを選んでみた。

マザーボードをこれに決めたので、残り2点は買うシリーズが必然的に決まります。
CPUはintelのLGA1150シリーズ
メモリーはDDR3 PC3-12800 容量は8GBぐらいが妥当かなぁ。。

で、CPUはこれに決めた!

i3-4160です。
そこそこ安く、そこそこ速く、そこそこ省電力、CPUグラフィックは・・・汗

メモリーはこれだったと思う。。

↓CPUとメモリー
IMGP2059

これが買った物、全部。
IMGP2064
ゲーマーモデルの廉価版なのでしかたないのですが、マザーボードには付属品が少ない。。
ケースについているスイッチ類のピン(システムパネルコネクター)を差すアダプタが無いので直接差さないといけないが慣れていれば特に要らない。(あると楽ですけどね)
USB3.0ケーブルも無いが、内蔵分まで使うことないだろうから放置。
HDMIケーブルも無いが、モニターが対応していないので放置。
SATAケーブルも2本しか無いが、部品交換なので正直1本も要らない。

こう書くとナイナイづくし

なのですが・・・最低限必要な物は入っているので全く問題ナシです。

ちなみにBIOS画面はこんなです。
IMGP2075

組み込んでさっそく起動

これから一番面倒なwindowsの再インストールが始まります。
(載せないけどね~)
ちなみにwindows7を入れた直後(ドライバー類は全部入れてます)の性能はこれ
PC02
ハードディスクではなくSSDを使っているのでプライマリハードディスクの値が一番高くなっていますね。
SSDに換装した時の記事はこちらから
あの衝撃は未だに忘れられません(*^_^*)



PAGE TOP